珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

小休止 デンゼル・ワシントン「イコライザー」

イコライザー2

 

小休止です。

デンゼル・ワシントンが出る映画はほとんど観に行きます

 

こう厳しい状況が続くと、

強い主人公を観たくなる、というものです。 

 


映画『イコライザー2』本編アクションシーン

 

お世話になっている方が、よく似ているのです。

でも本人へは言いません。

 

絶対、その気になると思うからです。

めちゃくちゃカッコイイ、大ファンなので、目の前で真似されたら・・・

 

TVはないですが、映画はよく観ます。

外出がままならない齢になったら、映画が観れる部屋をと夢見ています。

 

007や藤枝梅安やイコライザーを好むおばあさんというのも・・・ね

我が家は経験値は違いますが、私も主人も子供も剣道歴があります。

 

007や藤枝梅安についてはこちらもどうぞ

www.haibarashigeru.com

 

緊急オペのコールで、胴衣に竹刀を持ったままタクシーに乗り込んだことがあり

「お姉ちゃん、道場破りかい」

 

と問われて、

はっと我に返った。

 

スタッフには、

もうおまえをいじめるのはやめた、と並びで手洗いをしながら横目で見られ

 

「そもそも始めた動機は何?」

「頭にきているんなら、その時に言えよ」

 

「闇討ち、すんなよ」

相当、顔が怖かったんでしょうね。

 

緊張して気合が入っていただけのいつもの優しい私なのに・・・ね

始めた動機は、見学へ行った友達が、教えていた先生(刑事さん)に一目ぼれして

 

今の自分では動機が不純すぎて、あのまっすぐな瞳に見抜かれてしまうから

あんたの天然力が要るのだと、私を助けなさい、と

 

強制的に連れて行かれて・・・二人は結婚し・・・

道場に通っている女子は私一人になった。

 

まっすぐに相手を射貫くような視線を持つ鍛えられた男でも

女の邪心は見抜けないものなのか・・・とても勉強になった。

 

***

 

実家に不思議な部屋がある。

忍者の隠れ部屋? 誰から隠れるの?

 

父が孫たちへ入り方と出る方法を教えていましたが、

そういう変なスリルがいつの間にか刷り込まれてきて

 

必殺仕事人の世界を好むようになったのかもしれません。

ですから我が家には夫婦げんかなど存在しません。

 

心を読み取り互いに間をおき・・・気と気で瞬殺の世界です。

冗談です。

 

心が入り込むと、

書く時の話ですが、

 

鞘に手を置いている心境になりますので、

今日の小休止は「イコライザー」の気分でした。

 

そして、また始動です。

デンゼル・ワシントンというより、今の私は山姥に近い迫力だそうで

 

子どもが真剣に、「怖い」 と、ママの腕の中へ逃げていきました。

時代が厳しいせいで、ね。おばちゃんは本当はね、優しいんだよ

 

誰も言ってくれないので

自分で説明してきました。

 

厳しい顔した大人はね、いざという時、真剣に君を守るんだよ。

子どもたち、また会いに行くから、体を鍛えていて下さいね。

 

丈夫な体に健やかな精神が宿る、これも昔から言われてきた言葉。

あなたがたの細胞は元気にどんどん生きているのだから。

eiga.com

 

デンゼル・ワシントンの他の映画紹介です。

www.haibarashigeru.com