珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

「緩和ケア病棟」Kindle版

「緩和ケア病棟」 電子書籍Kindleで出版しました。

ご愛読下さいますよう、どうぞよろしくお願い致します。

緩和ケア病棟

 

内容紹介

病院の大義が救命、痛みを取ることだとすると、緩和ケア病棟は、チーム医療で痛みをとることを一丸となって行う病棟。
患者の体の痛みや心の痛みを緩和することはもちろんだが、患者との別れを前提とした家族へのサポートも同時に行っていく。
アメリカで元看護師だったドクターが「ケア」の視点、全人的な痛みを取ることを目的としてつくられたという「緩和ケア病棟」。実際の病院をモデルにしていますが、創作当時と医療事情は変化しており、多少の違いもあるかと思います。
また主人公の男性看護師、指導する専門看護師は実在する優秀なナースをモデルとして描いておりますが、物語全体はフィクションです。
「看取る」 ことを職業とする彼ら、彼女らは、自身のメンタル管理もさることながら、業務中の実際において、職能域の人間性の高さに著者自身が感動し、10年前に書きあげました。
彼ら、彼女らに続く次世代へ少しでも参考になれば、と出版しました。
親子の離別の葛藤が物語の核となっていますので、医療従事者以外の方々へは、ぜひ人間ドラマとしてご愛読頂ければと紹介いたします。(著者からの紹介文)
Kindleストア『緩和ケア病棟 Kindle版』より

 

 Amazon Kindleストアにて全編ダウンロードはコチラ↓ 

緩和ケア病棟 ←Amazonへ

 

Kindleはスマートフォンで読むことができます

①スマートフォンにKindleアプリをダウンロード。

 アプリはこちらから入手可能です。(無料です)

Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

②Amazonにログインして購入できます。

Amazonアカウントをお持ちでない方はコチラ↓

Amazonの登録 (新規登録画面へ移動します)

※iphoneの方はPCサイトのAmazonで購入後、アプリで読むことができます。