珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

月にも花にも見捨てられ

まさか、まさかの子どもからのうたのプレゼント。 

わた

 

義経の句を朗々とうたいあげてくれる。

涙が出ました。

 

「言い切りの快」

俳句も短歌も短柵に、通信内容をいわば情報を漏らさず書き込んでいた、と思えば、

 

日本の「わび さび」の世界が切なく迫ってきます。

お若い方が、すうっと、そういう世界を表現して下さると・・・脱帽です。

 

日本文化はこれからも損なわれずに続いてほしい、と切に思います。

両親の代まで、母は着物で暮らし、父は筆を普段から使っていた。

 

今の私はというと、着物をきこなすスピリッツも足りないうえに筋肉が落ちている。

椅子の生活が多いし、筆など年賀状でせいぜい手に取るか、やめとこうか・・・

 

で、楽へ、楽へ、と流れて暮らしている。

その口が、文化は続いてほしいものだ、と言っている。

 

よし、少しだけ加圧しよう。

できたら、また少し加圧していこう。

 

「粋」 にいきるのは、少し無理することだった。

楽に生きているなあ・・・反省しきりです。

 

~ 月にも花にも見捨てられ ~

 

平家の子らの中、ぽつり一人源氏の遮那王、牛若丸

 

月 いわば天運

花 地における状況  見捨てられたか、わが身。

 

そのあと、源平の戦いまで義経は鞍馬山の天狗の修行を受けますぞ。

月(天運)から詠むところが遮那王である印でもありますね。