珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

女子供は三歩下がって歩け

いまどき過激な言葉ですみません。

 

帯刀時代、強盗や闇討ちに襲われた時、夫であり、父親である主人は、

刀を抜く際、女房、子供が巻き込まれることを避けて歩いています。

 

ぐるりと前に後ろに敵に向けて抜いた刀は、

三歩下がって歩いていれば、刃先が当たることは滅多にありません。

 

刀を抜いて妻子に傷を負わせてしまえば、何のために刀を抜く羽目になったのか、

三歩下がって、ついてくれば大丈夫、俺が守る。

 

神社

 

日本で出世をする男はむやみに刀を抜かないといいます。

今の時代では、刀は「意見」 などに置き換えられるのでしょうか。

 

守るものが大きければ大きいほど、呑み込む力が上がっていく。

能力がないわけではなく、抜いた後の守りも続くことを鑑み

 

鞘に手を置き、抜かない道を歩く。

頼むから、三歩下がってついてきてね、と優しく言いつつ。