珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

刀を下ろせぃ

「ラストサムライ」で真田広之演じる氏尾が

トム・クルーズ演じるオールグレンさんへ言ったセリフ。

「刀を下ろせぃ」 

 

なにしろ9回続けて当時観に行ったものですから

 

 氏男

 

エドワード・ズウィック監督大ファンの主人、

これはもう観るしかない、9回観ても、何度観ても新鮮な映画でした。

 

 ラストサムライについて詳しくはこちら↓

eiga.com

 

剣道歴が長かった主人が、

「刀を下ろせぃ」 のセリフについて教えてくれたのが3回目くらいの時。

 

確かに、トム・クルーズが手に取ったのは木刀。

木刀でも、「刀を下ろせぃ」 になるあの名場面。

 

真田広之の完璧な打ち合い、茶道のお手並み・・・道・・・道・・・

もうはまりにはまって、すべてにはまって、DVDも買いました。

 

美しいですね。

 

剣道ではファイティングポーズはない、と教えてもらった。

相手から戦う意志を奪う武道。

 

命を取り合う前に、

「やめておこう」

 

相手に思わせるほど、技が出来上がっていなければならず、

恐れに勝った自分を示していなければそもそも立ちあいならず、

 

見合っただけで、

恐れ入りました、となれば、ほっとするのが命と命のしのぎ合い。

 

ファイティングポーズは、俺、勝った! ですから

「刀を下ろせぃ」

 

真田広之の表情が動かない・・・カッコイイです。

強い人は戦わせない。

 

参りました。

トム・クルーズ命、の友人と会う前に書かせて頂きました。