珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

わたしを束ねないで

 
  
            新 
 
  
 
 
 
 
 
 
  
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
  
 
    
 
 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
,  .  
 
 
 
  
 
 
 
   

***
  
有名な詩です。
苦しい時、弁解も浮かばない時、
 
洗練された言葉は、そっと心に寄り添ってくれます。
母親は恋をするのではありません。
 
子供のために
命を繋ごうとしているのです。
 
戦争未亡人で、6人の嫁さんになった母親。
 
8人の子供を代表して弔辞を読んだ息子さん、
最後に、この詩を詠みあげておられました。
 

新川和江詩集 (ハルキ文庫)  ←Amazonへ