珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

上京

今日は上京した方と食事を楽しみ、
そのあと、全身マッサージを受ける予定です。
 

都市

 

長距離移動で何が嬉しいかってやっぱり筋肉をほぐしてもらうこと。
坂東玉三郎さんが仕事の流儀で、
 
毎晩頑張った体をマッサージでほぐして休まれているのを見たことがあります。
人間国宝ですから、
 
体は資本。
すばらしいプロフェッショナルだと感動しました。
 
***
 
格は違えど、資本は同じ資本ですから、
使いすぎたらほぐしてもらいに行きます。
 
友人にカッコイイ女性がおりますが、
細マッチョ。
 
初対面で見抜いた私。
「おぬし、ただものではないな」
 
本格的な筋肉の使い方を教える本物の先生でした。
歩く姿が若くてきれい。
 
筋肉のメンテナンスが行き届いているから
肌もきれい。髪の毛が若い。
 
お化粧や服で演出できないクールな
かっこよさは半端じゃない。
 
***
 
せっかく知り合えたのに、
安心したのか、こちらはまさかの5キロ増。
 
若い頃は走ったり、
泳いだり、
 
かっこつけていたんですが・・・
 
玉三郎さんから話が飛びました。
筋肉、筋肉、とうるさい私ですが、
 
かっこつけなきゃいけない、スピリッツを養うのに、
中高年には、渡らなきゃいけない大きな川がある。
 
思い知ったこの春。
スイッチを入れる前に、ほぐしてもらってこよう。
 
ご褒美、ご褒美。
なんのご褒美かわかりませんが、
 
夢は玉三郎さん式。
凄い人だから許されるご褒美なのに、
 
もう勘違いしている。
川はだんだん深く大きく横たわっていく・・・
 
でも今日はいいの。
そのいいのが良くないの。