珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

007

映画でいちばん好きなのが007
5キロも大きく育った身で何を言うかと思えば、
TVなしの我が家ですが映画館へは行く。

 

007 スペクター

参照:https://twitter.com/007movie_jp/status/665163481767788544

 映画 .comはこちら

  
007は欠かさず観ている。
何がいいかというと、
 
スーツ姿+アクションらしい。
子供の学校の先生がクレイジーなファンで、
 
熱く、熱く教えてくれた。
そうか、そうだったのか、と先生とは、教室の壁を超えて心通う間柄になった。
 
田舎でほぼ一年過ごした一昨年。
対向車線から蛇行運転車が・・・
 
畑のあぜみちか右側の路肩か
逃げる場所を探しながら、運転席・・・人がいない。
 
携帯探してしゃがみこんでいる様子。
 
走る車のハンドルを半分放棄して、
下に落ちた携帯をたぶん探している。
 
こっち来るな、来るなあ~
 
007を見続けてきたおかげで、
右に左にハンドルを切りたおして
難を逃れた。
 
バックミラーで見たら、やっぱり探し当てた携帯を耳に当てて
喋りながらまっすぐ走りさって行った。
 
殺されるところだった。
 
 
イギリスの車も好き。
ファッションも好き、
住宅も好き。
 
子供の頃の夢は、
イギリスの湖畔のほとりで髭のあるイギリス人の夫と
静かに暮らすこと。
 
なあに、ここらへんにも川はありますよ。
よそ見運転の危ない人もけっこういます。
 
何故イギリスフリークなのかはわかりません。
こきつかうMには到底なれそうにもなく
 
こき使われながらもスタイルがある、
やっぱり007がかっこいい。